クレジットカードの便利さ

現金を持っていない時でも、クレジットカードがあれば欲しい物を諦めること無く手に入れることができて、安心です。たくさんの金額を持ち歩く必要なしに、高額なショッピングも満喫できるようになりますし、クレジットカードがあれば小銭を数えたりレジでお釣りを受け取ったりしなくてもスムーズにお支払が完了させられるようになるので、スマートだと思います。私は財布から小銭を出すのが苦手でついレジでもたもたしてしまうタイプの人間なので、お金を数えず払えるクレジットカードの存在はありがたいです。クレジットカードは通販をするときにも便利ですし、使った金額に応じてポイントやマイルが貯まるという得さも見逃せないと思います。ポイント還元があるので、現金で買い物するよりはるかに得です。

いつも使うスタンドの提携カードで快適なドライブ

私は最近よく車に乗るようになって、高速道路を通るときに便利そうだと思ってからクレジットカードを作ったので、カード払いするのはたいてい車関連のことなのですがETC以外にも色々な割引サービスを受けることができて得しています。車を所有していると避けられない給油は日々価格が変わってきますし、1円でも安くしたいという願望が私の心の中に常にあったけれど、クレジットカードを使うことで安くなったり現金を数えて出す手間がなくなったりするのが、こんなにも素晴らしいものだとは思いませんでした。そんな感じで活用しているので、クレジットカードを携帯するようになってからはドライブの楽しさが心なしかアップしたような気がしますし、ガソリンを入れるときはいつも提携のスタンドを探すようになりました。

クレジットカードを怖がる人

クレジットカードを持っていない人で理由を聞くと必要以上に怖がっているという感じがします。おそらくカード破産などのイメージで借金を誘発する恐ろしいものと思っているのかも知れません。私は今まで長年クレジットカードを使っていますがカード破産どころか一度も延滞の経験がないので普通に現金を管理するようにカードの支払いを管理していれば余程の引き落とし口座への入金ミスがない限りはそういうことはありませんでした。確かに使ったときには財布の現金もなくならないのでどんどん使えそうな気がしますが、子供ではないのですから使った分はすでに引き落としの口座の残高以下であるかを把握しておけば問題ないと思います。今いくらカードで使ったかを把握できないほどの使い方だと残高を見てあせることもあるかもしれませんがそのような使い方はお勧めできません。

クレジットカードと電子マネー、勝つのはどちらだ

私自身はクレジットカードと電子マネーを両方利用していますが、どちらかというと使える場面や利便性でクレジットカードの方がかなり優っているので、圧倒的にクレジットカードの利用が多くなっています。しかし、そのクレジットカードの優位がどこまで続くかわからなくなってきたように思われます。私の周りだけかどうかはわかりませんが、電子マネーが使える場面がかなり増えてきた印象があるのです。特に電子マネーや小額決済ではクレジットカードよりも使い勝手が良いこともありますので、電子マネーの普及は悪いこととは思いません。しかしある程度以上の金額になるとやはりクレジットカードが中心であることは当分は動かないのかもしれません。

クレジットカードを選ぶとき注意したいこと

ネットでクレジットカードを検索してみると本当に多くのカードが出てきます。クレジットカードといっても種類や付随するサービスはいろいろなので、申し込む際には時間をかけて比較て検討して少しでも自分のライフスタイルに合ったカードを見つけることが大切だと思います。特に注意する必要があるのが年会費が無料なのか有料なのかだと思います。年会費が有料のクレジットカードは利用しなくても費用がかかってしまうので注意が必要です。年会費がかかる分それだけポイントの還元率が良いですとか保険が充実しているなどのメリットはありますのでクレジットカードを多く利用する方であれば年会費のあるカードでも良いと思います。あまり利用しないけれど、クレジットカードを持っておきたいという方であれば年会費のかからないカードを選ぶのが良いと思われます。

分割払いが便利なクレジットカード

給料日前になると、残金が厳しくなることがあります。何か特別なことが無い限りは、問題無く給料日まで過ごすことは可能です。しかし、急な出費が発生してしまう時があるので、そうなると生活費が厳しくなることがありました。例えば、冠婚葬祭などについては、急な場合が多いので、そうなると生活が苦しくなるのです。しかし、クレジットカードを利用するようになってからは、足りない生活費の分をクレジットカードで支払うようになりました。一括払いにすると大変なので、5回や10回といった回数で分割し、なるべく一回の返済額を小さくなるように心掛けています。大変便利なクレジットカードは、これからも生活の中で利用していきたいと思っています。

手持ちのクレジットカードを定期的に確認

 クレジットカードをたくさん所持している場合、その所在についてきちんと確認しておいたほうが良いかもしれません。なぜならば、定期的に確認しておかないといつの間にか紛失している可能性があるからです。クレジットカードに限ったことではありませんが、カード類というのはうっかりどこかに置き忘れたりなどしやすい代物です。 もしも1枚だけしかクレジットカードを持っていないのならその存在を忘れてしまうことはあり得ませんが、何枚か持っているならばそういうことも十分考えられます。クレジットカードは悪用されるおそれがありますから、その管理においては慎重になるに越したことはありません。ですので、クレジットカードはきちんと管理しておいたほうが良いと思います。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード

わたしは楽天のクレジットカードを持っていますが、とても便利に活用しています。楽天のクレジットカードを持ちたいと思ったのは、楽天市場というインターネット上のお店で買い物をすることが増えたからです。服を買ったり食料品を買ったりするときに、楽天のクレジットカードを作る前は直接お店へ行って現金で支払って買い物を済ませていました。しかし、インターネットで買い物をすることの便利さを覚えてからは、ほとんど家から出ることなく買い物を済ませています。そして、楽天のクレジットカードには買い物した分だけのポイントがザクザク貯まっていきます。そのポイントを使ってまた買い物を楽しむのですが、この流れが気に入っているので楽天のクレジットカードで良かったと思ってます。

海外と国内のクレジットカードの意味合いの違い

海外でクレジットカードが便利ですが、日本とも意味合いが違うように感じます。日本国内で使う場合は単純に現金の代わりで使って、しかもポイントや特典などのサービスがどうかなどに注目されていることが多いと感じます。一方で海外で使う場合は確かに買い物などには現金の代わりとしてまた、両替不要で便利などの面もありますが、信用度を示す身分証明書のような役割もあると感じます。ホテルやレストランの予約などもカードを使うとよりスムーズですし、店員の態度もクレジットカードを見せたほうが支払いを確保できると思うのかよくなるように思います。

クレジットカードの未来は決して安泰でない

クレジットカードの未来が安泰でないという意見があるので私は何でだろうと思いました。特にインターネットでの買い物などは今はクレジットカードの支払いが大部分を占めてますます需要が多いのではないかと思っていたからです。しかし、電子マネーや仮想通貨など現金とは違う他の支払い方法でもネット通販でも利用するようになるとクレジットカードのメリットというのは現金では優位に立てていましたが、電子マネーや仮想通貨だとそうでないということもあってそれらの支払い方法に取って代わられるのではという理由だからだそうです。クレジットカードは確固たるものが現在ではありますが衰退する可能性もあるということです。